フジテレビと僕とあの頃と

いやぁ~あの頃をいろいろと思い出しましたね


猪八戒

最近、少林サッカーなどで有名な監督が「西遊記」を映画化した話題をフジテレビの情報番組で見た。

西遊記と言えば、偉いお坊さんの三蔵法師とサルの孫悟空、豚の猪八戒、河童の沙悟浄というメンバーがインドに経典を取りに行く話だが、日テレで夏目雅子さんが三蔵法師を演じてから、三蔵法師は「女性」が演じるという不文律的なものがあるように思う。

実際、三蔵法師を深津絵里さんや宮沢りえさんなどが演じています。

そんな中、個人的好きなキャラクターとしては、猪八戒が居ます。

dsc_0013.jpg

三蔵法師は、常識人として、孫悟空は、ヒーローとして、沙悟浄は、ちょい悪妖怪を、と考えると猪八戒は、単純なお人よしキャラとして孫悟空といつも喧嘩をしており、三蔵法師や沙悟浄に諭されたりしています。

あまり、色のない役の様ですが、三蔵にはない人情と孫悟空にはない弱さを差沙悟浄にはない素直さを表す隠れたキャラクターだと思っています。

今回の映画でも登場するのですが、猪八戒と沙悟浄は全くセリフのない役だそうです。

その辺がちょっと残念ですが、日本と中国では、とらえ方にも違いがある様なので、致し方なしですね。

 

 

Posted in 映画感想